リモートワーク導入企業

チーム×リモートワークをススメる理由―ソニックガーデン

最近は新しい働き方のひとつとして認知が広まってきたリモートワークですが、未だに「フリーランスの働き方」というイメージが強いのが現状。 一方で、最近は「会社として」「チームとして」リモートワークを実践する会社が増えてきました。

そこで今回はリモートワークマガジン編集長の大﨑が、「チーム×リモートワーク」と題し、会社をあげてリモートワークに取り組む株式会社ソニックガーデン代表の倉貫義人さんに「会社としてリモートワークを成功させるための秘訣」、そして「リモートワークの未来」についてお話を伺いました。

倉貫 義人(Yoshihito Kuranuki)
1974年京都生まれ。1999年立命館大学大学院を卒業し、TIS(旧 東洋情報システム)に入社。2003年に同社の基盤技術センターの立ち上げに参画。2005年に社内SNS「SKIP」の開発と社内展開、その後オープン ソース化を行う。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー「SonicGarden」を立ち上げる。2011年にTIS株式会社からのMBOを行い、株式会社ソニックガーデンの創業を行う。

倉貫義人氏のブログ「Social Change !」:http://kuranuki.sonicgarden.jp/

 

会社でリモートワークを導入するなんて、創業当時は予想もしていなかった

ーリモートワークを会社として導入している会社は私の印象としてまだまだ少ない印象ですが、ソニックガーデン社とリモートワークの出会いは何だったのでしょうか?

元々弊社は大手Slerの社内ベンチャーとして始まった企業です。創業当時、エンジニアの業界で「開発合宿」という「温泉に泊まりこみで1日中プログラムを書く合宿」が流行った頃から弊社でも半年に1回合宿をやっていました。

それから2年経ち、本格的に会社として独立して自分たちでビジネスをやるようになってからは毎日が開発合宿のようなものでしたが、やっぱりチームの仲を深めるためにも温泉にはいったり一緒にご飯を食べるという機会は大切だねということで、開発合宿ではないかたちで半年に1回合宿を続けていました。

そこでは皆で交流してそれぞれのビジョンについて語り合ったりするのですが、途中からその合宿の最後に、そのビジョンに向けて1年間チャレンジしたいことを目標にしてチームのメンバーに宣言する、宣言大会をはじめました。

そのなかで、当時5人くらいの会社だったとき、元々フリーランス契約でチームにジョインしてくれていた仲間が「いつか海外に行って働きたい」と宣言して。そこで当時は人数も少なくて会社の制度もそこまでなかったので、「じゃあ早速来年やってみたら?」という流れになりました。実はその人海外旅行も行ったことなくて、パスポートとってはじめての海外滞在が3ヶ月という感じでした(笑)

そこがリモートワークを始めるきっかけですね。なのでリモートワークや在宅勤務を導入しよう!という感じではなくて、「海外にいきたい、仕事は続けたい、じゃあ日本の会社の仕事を海外でできるかな?」という感じで始めました。

ソニックガーデン倉貫 義人さんインタビュー

 

ーでは創業当時は今のような働き方を実践する企業になるとは思ってらっしゃらなかったんですね。

そうですね、思ってなかったです。ただ、先ほどの宣言大会の後、皆の声を聞いていると、先ほどの人みたいに「海外で働きたい」という人や、地元が東京ではない人で、「いずれは地元に帰って働きたいです」という人がわりと多くて。そこで経営者として「会社辞められると嫌だな…、何かできる方法はないかな」とは考えてはいましたね。

 

東日本大震災がきっかけで社内にリモートワークを本格的に導入するように

ーなるほど。その後、会社としてリモートワークを導入されたんですよね。

我々が会社としてリモートワークを導入するようになったのは2011年3月11日の東日本大震災がきっかけでした。そのときは前の会社の一室を弊社のオフィスとして借りていて、そこが港区の海岸沿いだったんです。港区の海岸沿いって地震のときに結構揺れる場所で、当時は東京にいた人は帰れなくなってしまったみたいでした。

というのも、そのときたまたま会社のメンバーのほとんどが東日本大震災のときに出張で地方にいて、東京にいたメンバーが2人。皆無事ではあったんですが、社内のメンバーがちりぢりになっていた状況でした。

それから東京のどの会社も震災後1-2週間、通勤も出来ないしビジネスもストップしていて、ただ、僕たちの会社は社内ベンチャーで家でも仕事ができる状況ではありましたし、そのときに先ほど話した海外で仕事したいって言って海外にいった人がカナダにいて、その人とは普通にやりとりして仕事ができてたので、僕たちにもできるんじゃないか、やってみようという感じで在宅の勤務を始めました。

 

ー最初どうでした?やりにくかったり皆がとまどうなんてことはありませんでした?

それがカナダに行ってた彼とやりとりをしていたこともあって、何の問題もなかったんです。なので、震災の影響が落ち着いてからも、しばらくは「頑張って通勤する」ということをしない方向で在宅で仕事をしていました。それからは通常通りオフィスに来て仕事をするようになりましたが、「出社はデフォルトではなく、必要がある時だけ」というスタイルになりました。これが会社としてリモートワークを導入したきっかけですね。

 

Remottyは『自分たちが欲しいもの』をコンセプトに作られた

ー当時、ツールとしては何を使われていたんでしょうか?

当時はSkypeを主に使っていました。ただチャットに関してはあまりメールが好きではないので、自社で開発したメールに似た機能を持つツールでやりとりをしていました。というのも、始めリモートワークをやっていた人が1人だったときはSkypeで音声つなげっぱななしでやっていたんですが、オフィスを引っ越しするとなかなか音声が届かなかったり、リモートワークをする人が2-3人になったくらいから音声混線したりして。

他にもSlackやSquiggleなどのツールを試したんですが、「メンバー全員の顔が見える、オープンでのチャットができる機能」など自分たちの「こういう機能があったらいいのにな」っていうのにしっくり来るものがなくて、「それなら作っちゃえ」ということで自社開発をすることになりました。

 

rimotty

写真:ソニックガーデン社が開発したリモートワークのバーチャルオフィス「Remotty」。リモートで働いていてもメンバーとのコミュニケーションが取りやすいような工夫がされている。

 

ーそれがソニックガーデン社が開発したRemottyの最初の部分なんですね。はじめはどれくらいで開発されたんでしょう?

Remottyの最初のバージョンはエンジニア1人、半日くらいでつくりました。それからずっと改良を加えたりして今にいたります。実はRemotty自体、これでお金もうけをしようとか、外部の人に使っていたいと思って開発したわけではありませんでした。なので、今でもRemottyのコンセプトとしては「より多くの人に使ってほしい!」というわけではなく、自分たちがほしいと思う機能をつけて改善する、というスタイルをとっています。ちょうど今も、Remottyの社内のユーザーが25人になり、今までのユーザーインターフェースでは色々と問題が生じてきたので次の施策を考えているところです。自分たちがほしいと思う機能をつけてどんどん改善できるところは自社開発ならではのメリットですね。

 

リモートワークで一番大事になる力は、『セルフマネジメント力』

ーリモートワークをするうえで大事になることについては倉貫さんご自身はどのようにお考えですか?

リモートワークをするうえでは「セルフマネジメント力」がとても大事になると考えています。セルフマネジメント力という言葉自体とても奥が深いのですが、例えば、僕が考えるのは「仕事の進捗を自分で管理できること」だけではなくて、「自分が何の仕事をしないといけないかも自分で管理できる力」かなと考えていますね。

それができるようになるとセルフマネジメント次の段階として、自分の仕事のやりかたを振り返って自分で改善できるようになることを目指させます。

最終的には「自分だけで仕事を完結させるのではなく、チームがチームとして成立するように、他の人に気をくばれる」ようになると、「セルフマネジメントができている」と考えていいと思います。弊社では新卒を年に1名採用しているのですが、そのメンバーについても、セルフマネジメント力がついていると判断できるまではすぐにリモートワークをさせず、実際に通勤してオフィスで仕事の仕方などを覚えていってもらうようにしています。

ー他に「リモートワークの会社ならでは」の工夫ってあったりするんでしょうか?

リモートワークの会社ならではの工夫としては、『会議へのラジオ参加』というのがありますね。弊社は社内会議も会議室ではやらずにGoogleハングアウトなどを使ってオンラインで会議をしていますが、「その会議に興味があれば誰でも参加OK」というのがラジオ参加の特徴です。 というのも、社内でリモートワークをしているとどうしても情報格差が発生しがちで、「オフィスに行かないと情報がとれない」という状況をなくすためにこのラジオ会議を始めました。普通の会議室での会議では発言せずに聞いているだけ=感じ悪いみたいなイメージになりがちですが、オンラインならあまり気になりませんね。
ソニックガーデン倉貫 義人さんインタビュー

 

リモートワークが「人間らしさ」を取り戻してくれる?!

ー最近では在宅勤務やリモートワークが普及し始めていますが、倉貫さんご自身として、リモートワークは広まったほうがいいと思われますか?

そうですね、僕としてはリモートワークは広まったほうがいいと思っています。自社開発していたRemottyを社外に公開したのもリモートワークをやる人が増えるきっかけにしてほしいと思ったからでして。恐らくリモートワークをやったことがない人はリモートワークのよさが分かりにくいかもしれませんが、リモートワークをやってみると、『働く』ということに対する姿勢とか考え方が大きく変わると思っています。

これまでの働き方は朝から通勤して9時に出社、18時まで働いて帰宅、それからが生活の時間、というかたちで、仕事と生活の切替の単位大きい働き方でした。

今まではそれが普通の働き方だと思われていましたが、リモートワークという働き方だと、例えば9時から仕事をして、10時から11時まで子供を病院に連れて行って、それから仕事、その後自分で昼ご飯を作って仕事〜とオンとオフの切替が小刻みになるわけです。

多くの人が、先ほど述べた「仕事と生活の切替の単位の大きい働き方」しか今までしていないためオンとオフの切替が小刻みな働き方に違和感を覚えると思うのですが、実は昔から農家の人も漁師の人もオンオフの切替が小刻みな働き方をやってきたわけですよね。実際、私自身もリモートワークをするようになって、この働き方のほうが人間の仕事と生活のあり方として自然なんじゃないかと考えるようになりました。

他にも仕事と生活の切替を小刻みにすることで緩衝材がたくさんできて、色々なことをたくさんできるように可能性があったり、そのおかげでストレスがあまりなく、人間らしく生活ができるのではないかと思って、リモートワークが広まるといいなと考えています。

ーたしかに私もリモートで仕事をしていて、洗濯や自炊を挟むことでストレスのない生活を送れているような気がします。都市一極集中が叫ばれるなかで「人間らしい働き方」としてのリモートワークの魅力はこれから話題になりそうですね。今回は貴重なお時間いただき、ありがとうございました。

《あとがき》

「会社でリモートワークバリバリやっている会社がある…!」と聞いてからずっと気になっていたソニックガーデンさんに今回やっと取材にお邪魔することができました。Remottyの開発や会社としてかなりリモートワークのご経験が長い分、リモートワークのハウツーの部分では聞き入ってしまう場面もありました(笑)

私自身としてもとても勉強になる取材でした!ありがとうございましたー!

 


この記事の著者:大崎 祐子(Yuko Osaki)

キャスタービズブログ編集長。大学3年次から、リモートワークという働き方で東京や海外とのプロジェクトに参画。秘書業務から企画・広報などをリモートワークで実現してきた。本人が運営する「リモートワークを頑張る女子大生のブログ」ではlivedoorブログランキング1位に。リモートワークや女性の働き方などを中心に発信している。
詳しいプロフィールこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リモートワーク導入企業

    リモートワーカー活用は、社会貢献ではなくビジネス戦略―株式会社アイクリエイト

    株式会社アイクリエイトは「ヒトのチカラに関するモッタイナイを解消する」…

  2. リモートワーク導入企業

    人口減少、介護問題、少子化……そんな日本が次に考えるべきことは「新しい働き方」―AsMama後編

    「全国に子育て支援のための『インフラ』を作りたい」--。知人間共助を育…

おすすめ記事

おすすめ記事(社員)

最近の記事

  1. 【宮崎県西都市】酒造に会社を作る、東京のリモートワーク人材企…
  2. スーパー・オープン・イノベーションイベント「TECHWAVE…
  3. 海外駐在妻・国際結婚海外在住妻もリモートワークで働く、キャス…
  4. リモートワーク(テレワーク)でも「お休みいただくのに、あたた…
  5. 雇用型テレワーカーも、自営型テレワーカーもいる、リモートワー…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP