リモートワーク導入企業

「旅するように働き、旅するように生きる」人生の幸せと多様性をつきつめて出会ったのがリモートワークだった。―TABIPPO

旅するように働き、旅するように生きるー。そんな夢のような働き方・生き方を実現している世界一周団体TABIPPOは代表自らが1年の半分は東京以外の都市で働いているというほど、本格的にリモートワークを会社として実践している企業。

この「旅しながら働きたい」という声は、今回インタビュー・編集を担当した大﨑が、地方の学生が都内の会社にリモートでインターンをする「リモートインターン」を仕組み化した際に多くの学生から聞かれた”夢”でした。

そこで今回は旅×リモートワークをテーマとして、旅をしながら働くためのノウハウやマインド、思い描く働き方の未来について、世界一周団体TABIPPOの代表取締役である「しみなお」こと清水直哉さんにお話を伺いました。

清水直哉(Naoya Shimizu)
創設から今までTABIPPOの代表を務める。東京学芸大学にてサッカー漬けの日々を送るが、人生に悩み、世界一周の旅へ。 旅で出会った仲間とTABIPPOを立ち上げる。 卒業後はWEB広告代理店の株式会社オプトへ入社、1年目からソーシャルメディア関連事業の立ち上げに参画。最年少マネージャーの経験などを経て2013年11月に退職、 TABIPPOにて法人登記を果たす。趣味は自分探し、夢は「やりたいことを、やりたいだけ、やりたい場所で、やりたい時に、やりたい仲間と、やり続けること」。

TABIPPO:http://inc.tabippo.net/

 

「旅の魅力を広める会社」としての、理想的な働き方

ー現在のTABIPPOの事業内容、取り組みについて教えてください。

清水さん(以下敬称略):TABIPPOでは大きくいうと「旅を広める」を軸とした事業展開をおこなっています。
具体的には、リアルな場・イベントを通して旅の魅力をひろめるイベント事業、Webメディアでの情報発信を通して旅の魅力を伝えるメディア事業、本や写真集、雑貨、ジュエリーなど「見ているだけで旅に出たくなるもの」をつくるプロダクト事業、「旅好きな人の人生を豊かにする」ための留学のサポートや就活・転職を支援するキャリア事業があります。

もうひとつTABIPPOの収益の大きな部分を担うものがマーケティング事業。実はTABIPPOの創業メンバーのほとんどが広告代理店出身ということもあり、そこでのノウハウをいかしてTABIPPOとのタイアップ企画を企業に提案をすることで、企業側のマーケティングの課題解決をはかっています。

2014年に正式に法人化し、創業した時は3名でのスタートでしたが、今では14人の従業員と一緒に働いています。

2

ーTABIPPOも皆さんリモートワークで仕事されてるんですよね。どうしてリモートワークという働き方をとるようになったんですか?

清水:まず、TABIPPOにはふたつの特徴的な制度があります。ひとつめが「旅をするならいつでも会社を休んでよい」という制度、ふたつめがオフィスに必ずしも出社をしなくてもよいとする制度、「旅するオフィス」です。そのため、経営という観点でも必ずしも働いているメンバーが東京のオフィスにいることをベースに考えていません。

TABIPPOがリモートワークという働き方をとるようになったのは、創業当時「会社としてどういう働き方が理想的か」についてメンバーで議論していた際に「自分たち自身が旅をしながら働きたい」というのがあげられたのがきっかけです。

というのも、旅の魅力を広めるために活動している僕たちがずっと東京で仕事をしてるのはナンセンスだよなぁと。「TABIPPOは旅の魅力を広める会社なのに、自分たちが旅しないのはイケてないよね」という根本的な前提で。その想いから上記のような制度や、リモートワークを始めました。

だからTABIPPOでは社内のメンバーが同じ場所にいないということ自体が当たり前で、いつも会えないからこそ「仕事をする上でどういうコミュニケーションのとり方が効率・質がいいんだっけ?」っていうのを普段から皆で考えていますよ。

 

リモートだからこそ相手を気遣い、会社や自分の未来にワクワクできる

ー実際リモートで働いてみて、この働き方ならではのよさを感じたエピソードはありますか?

清水:高城剛さんという方の言葉に「アイデアは移動距離に比例する」というのがあるんですが、リモートワークをしているとその通りだなと思うことが多々あります。色々な場所に行くと、思ってもいなかったようなものに出会ったり新しい気づきが得られたり、発想が豊かになるんですよね。

だからこそ、僕の場合は会社の未来を考える事業計画などを東京のオフィスで書かないようにしています。先日もタイや福岡の糸島で書いていたんですが、東京のオフィスで書くよりもワクワクするしおすすめです。

ー逆にリモートワークをしていて難しかったことは?

清水:実際リモートで仕事をしていて思うのは「場所が離れている」というハードルよりも、どちらかというと「時差」のハードルが一番高いなと感じます。

例えば東京と横浜で仕事をする、東京と福岡で仕事をするのはわりとスタンダードだと思うんですが、東京とタイで仕事するのってそれらとそんなに変わらないですよね。時差も3時間しかないし。

ただ例えば先日僕がいたオランダと日本のように時差のひらきが大きくなると一緒に働くハードルもあがるなと感じました。オランダとの時差は8時間くらいですしね。

それでもTABIPPOではディレクターがニュージーランド、僕が福岡、エンジニアがタイ、デザイナーの子が東京みたいな状況もごく普通にあるんですが(笑)。

ーそのあたりの時差の調整ってどうされてるんですか?

清水:普段からそれぞれのメンバーがGoogleカレンダーに「いまどこにいるか」をいれて「日本時間の○時ならやりとりできるよ!」みたいな感じで頑張って調整しています。

正直時差の調整は大変ですが、「時差があるから無理」というふうに諦めるのではなく、この時間なら大丈夫、みたいな提案が自然とできる文化になっているのはいいなと思います。

ほかにもメンバー同士が離れている分「向こうっていま何時なんだっけ?」とか、「相手っていまどういう状況なんだっけ?」と相手の状況や時間をこまめに確認したり、レスを返すタイミングを調整する文化があって、いい意味での気遣いがある働き方ができているような気がしますね。

3

ー色々工夫されていますね。よくリモートワークで一番の壁になると言われているのがコミュニケーションですが、TABIPPOでは普段のコミュニケーションはどんなツールを使っていらっしゃいますか?

清水:社内のコミュニケーションはすべてSlack、社外の方とのやりとりは基本的にメール・Facebookメッセージでしています。ほかにもTABIPPOには全国に120人の学生ボランティアがいるのですが、学生はSlackをあまり使わないのでFacebookメッセージがベースですね。メールはほぼ企業のお客さま対応のみです。

Slackを導入する前は社内コミュニケーションはすべてFacebookメッセージでやっていたんですが、社内メンバーが10人を超えてきたあたりからタスク漏れなどがFacebookメッセージだとよく起きるようになってしまって、そこでメンション機能があって分かりやすい・情報がストックされやすいなど、評判のよかったSlackを約1年前くらいから導入しました。

ーなるほど。Slackは海外のリモートワーク導入企業でも人気のコミュニケーションツールですよね。ほかにはどういうツールを使ってますか?

清水:さきほど紹介したSlack以外だと、タスク管理にRedbooth、ストックしておく情報の管理にQiita Team、あとはGoogleドライブや、カレンダーをベースに使ってます。

 

旅しながらもきちんと成果を出す人が一番かっこいい

ーこれは私自身の経験からも言えることなんですが、社内の仕事をすべてリモートでやろうとしたときにメンバーの意識やモチベーションの共有・維持をするのが難しくないですか?

清水:実際すごく難しいです(笑)。「みんな会って仕事した方がはやいよね」、とか「オフィス行ったほうがはやいよね」っていう答えを出すほうが本当は簡単だと思います。

だけど、僕たち自身さっき言った「旅を広める会社としての理想の働き方」をどうしても諦めたくなくて、皆ですごく工夫しています。

例えばSkypeミーティングの時間をきちんと定期的に設けたりチャットベースのやりとりで認識のズレがあったり何かあったらすぐ電話するようにしたり。あとは普段からリモートで仕事をしているとどういう意思決定が社内で行われてるか分かりずらいので、ミーティングをした後は議事録をきちんと残したりという努力を普段からしています。

ー想いのコミットがきちんとできていればリモートワークは意外とできたりしますよね。そういう面でいうと創業メンバー以外のあとから入ってきたメンバーは「旅しながら働く」という働き方に慣れなかったり、ついていけなかったりということはないですか?

清水:その点ではTABIPPOはメンバーの平均渡航国数が27カ国というくらい、旅すること、あえていうなら「移動が大好きな人たち」なので、旅をしながら一緒に仕事をするという働き方自体には元々向いていると思います。

それでも組織が大きくなるにつれて後から入ってきたメンバーは「雇われの身だし、旅しずらいな」と想っているんじゃないかなと思ったことがありました。

そこで、これまでは明文化されていなかった「旅をすることはかっこいい」という会社の考え方を文化として会社に浸透させるべく、昨年末に「旅するように働き、旅するように生きる」ということをTABIPPOの行動規範として明文化しました。

ーTABIPPOは会社としても旅しながら働くことを奨励しているということですよね。

清水:そう、だから会社としても「その人がどういう成果を出しているか?」「その過程はどういうものか?」を評価するのと同じくらい、「メンバーが普段から旅をしているか?」を評価するようにしています。

例えば評価制度のひとつとして360°評価というのがあります。そのなかでは「最近○○さん旅してないよね?」みたいな評価をメンバー同士でするんですが、それをすることで、上司も部下が旅することを認めないといけないし、皆旅をする前提で仕事をするので「いかに効率よく成果を出すか?」という観点を持つことができます。

実際、会社としても「どれだけ長い時間働いたか?」ではなく、どういう成果を出したか、またその成果をあげるまでの過程はどういうものだったか?で評価していて、長い時間働くのがえらい、朝はやくから働く人・夜遅くまで働く人がえらいというよりも、きちんと成果を出した人がいいという考え方です。

そういう評価制度にすることでもTABIPPOとして「きちんと成果を出しながら旅をする人ってかっこいい・正しい」という空気をつくっていますね。

4

 

多様性の時代だからこそ、働き方にも多様性を。

ー旅しながら仕事をすると「旅」が出張感覚になったりしないですか?

清水:あまりないですね。多分メンバーの間でTABIPPOを「仕事」と捉える感覚がいい意味でないからかもしれません。

というのも、TABIPPOのなかでは「仕事が大事」というより「自分の人生が大事」という共通認識があります。そもそも僕自身も仕事のために自分の人生が台無しになるなんて甚だおかしいなと思っていて。

だからこそワークライフ・バランスといわれるような「仕事とプライベートのバランスをとる」という発想ではなく、仕事もプライベートもどっちも大事にする、安藤美冬さんがよく言われている「ワークライフ・ブレンド」に近い考え方を大切にしています。

ー新しい働き方を推奨する会社ではよく「人生の一部分としての仕事」という考え方がされています。清水さんご自身として今後、どのような働き方・考え方が広まるといいと思われますか?

清水:実際のところ僕自身としてはリモートワークをすごく推しているわけではなくて、ただ働き方においても自分や会社が何を正しいとするか、どういう働き方を理想としているかで自由に選択できるといいなと思っています。「働き方の多様性」ですね。

例えばすごく小さなことでいうと、僕は朝が苦手で夜遅くのほうが仕事がはかどるタイプなんですが、それもある意味多様性のひとつ。

また、最近メンバーの結婚や出産が重なったり、ライターとして関わってくれているメンバーのなかにWワーク・土日限定で働いてくれる人がでてきたりしたこともあって、働き方の多様性の大切さをより強く感じるようになりました。

さらにいうと、今後TABIPPOで外国人が働くかもしれないとか、TABIPPOがグローバルで活躍していくかもしれないと考えたらもっと働き方にも多様性・柔軟性をもたせる必要があるなと。

いまは時代の流れとしても多様性をみとめようという雰囲気になってきて、そういう価値観が大切にされてきているのに、組織の雇用形態だけが昔のままっていうのはナンセンスだし、なんだかもったいないですよね。

僕自身としても働いてくれるメンバーの幸せのあり方や会社としての理想をもっと考えていきたいし、今後それに適した働き方や考え方が世の中にもひろまっていくといいなと思います。

その先に選択肢・手段のひとつとして、リモートワークがあると素敵ですよね。

ー本日はありがとうございました!

「旅しながら働きたい」ー誰もが一度は夢みる働き方を実現しているTABIPPO。

今回は旅×リモートワークというテーマでインタビューさせていただきましたが、リモートワークのノウハウやマインドのみならず、働き方としての多様性、これからの時代の生き方の選択肢にまで話がひろがるとは正直思ってもいませんでした。

これからの時代、どういう価値観で人生を歩み、働くのか、私たちも今一度考える必要があるのかもしれません。

この記事の著者:大﨑 祐子(Yuko Osaki)

大学3年次から、リモートワークという働き方で東京や海外とのプロジェクトに参画。秘書業務から企画・広報などをリモートワークで実現してきた。本人が運営する「リモートワークを頑張る女子大生のブログ」ではlivedoorブログランキング1位に。リモートワークや女性の働き方などを中心に発信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リモートワーク導入企業

    育児や介護でキャリアが途切れないように―Be-Working

    働きたい人が、働き続けられる社会をつくりたい。育児や介護を理由に、その…

  2. リモートワーク導入企業

    ワーキングマザー応援! 全社員がリモートワークのユニーク企業―ポップインサイト株式会社

    ポップインサイト株式会社は、16名の全メンバーがリモートで稼働している…

  3. リモートワーク導入企業

    人口減少、介護問題、少子化……そんな日本が次に考えるべきことは「新しい働き方」―AsMama後編

    「全国に子育て支援のための『インフラ』を作りたい」--。知人間共助を育…

おすすめ記事

おすすめ記事(社員)

最近の記事

  1. 【宮崎県西都市】酒造に会社を作る、東京のリモートワーク人材企…
  2. スーパー・オープン・イノベーションイベント「TECHWAVE…
  3. 海外駐在妻・国際結婚海外在住妻もリモートワークで働く、キャス…
  4. リモートワーク(テレワーク)でも「お休みいただくのに、あたた…
  5. 雇用型テレワーカーも、自営型テレワーカーもいる、リモートワー…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP