キャスターの人々

過疎地に引っ越したからこそ、新しい働き方に注目した話。(井川さん)

井川 舞子@長崎県民

 

こんにちは!

キャスタービズの現場監督的なことをしています、

井川舞子と申します。

今日はとても個人的な話なのですが、私がキャスターに出会うまでの話をしようと思います。

私はもともと、東京都の郊外出身です。

ずっと実家の近くに住み、仕事は都内に片道約1時間ほどかけて通っていました。

仕事にも給料にも、住環境にも満足していたし、特に不満はありませんでしたが、

別に地元にこだわりもありませんでした。

そんな時、結婚を約束していた人が意を決したようにぽつり。。。

「俺、脱サラして、実家の九州でうどん屋を開きたい」

「あ、そう?そうすれば?」

特に「私、この町を離れて暮らすことなんてできない!」的なドラマチックな押し問答もなく、

私は彼の地元である九州の某地域に引っ越すことになったのです。

これが約4年前のお話。

田舎、なめてた。。。

彼の故郷は、海と山に囲まれた、自然豊かで風光明媚な場所。

夜になれば星もきれいだし、イルカにも出会えるし、

最初は毎日リゾート気分を満喫していました。

そして、、、だんだん退屈になってきました。

田舎がこんなに退屈だなんて、計算外でした。

まず、日中に外に出ても人がいません。一人も。

街中にはいくつか「○○ビル」とか「ほにゃららタワー」とかって名前の建物があるんですが、

そのほとんどが2階建ての単なる家だったり事務所だったりで、アミューズメント性一切なしです。

タワーの概念って何なんでしょうね。。。

方言も思った以上にきつく、彼のお店で手伝おうと思っても、

お客さんの仰ることが全然わからず、

当然、友達もなかなかできない日々。

そこで、とても単純ですが、暇つぶしにアルバイトでもしようと思いました。

時給677円のお仕事

ハローワークやアルバイト情報サイトを見て、

何よりも驚いたのが給与水準の低さ。

この時、九州エリアのアルバイトの最低時給は、

まさかの600円台、しかも私の探しているような事務の仕事と言えば、

最低時給スタートの仕事がほとんどなんです。

800円なんてもらってる人はかなりの高級取り扱い。

どんなにフルタイムで一生懸命働いても、手取り10万行くか行かないか、、、

みんなどうやって生活してるの?と、疑問を抱かずにはいられませんでした。

仮に生活には困らなくても、給与は労働の対価であり評価でもあると考えると、

やはり結果が身にならないのはどうしても許せなかった私。

アルバイト探しはやめました。

そして、様々なクラウドワーキングサイトで、

とある会社にライター登録をして1記事いくらとかで寄稿したり、

大量のデータ入力や、ECサイトの運用代行等、

ちいっちゃな仕事を繰り返しながら、

ネット上でいろんな働き方があるんだな~と、

感心しながら眺めつつ、毎日くすぶっていました。

そんな時、創業したてのキャスターと出会ってしまったのです。

あっやし~会社だな!

と、最初はちょっと思ってしまいましたごめんなさい。

なぜかというと、当時のリモートワークとしては、

給与面でも待遇面でも、条件がおいしすぎたのです。

でも、半分くらいワクワクしていました。

変な会社だったら辞めちゃえ!くらいの気持ちで、応募ボタンをポチしました。

そして、もうすぐ3年が経とうとしています。

地元では友達が作れていませんが、

(ちょ、ちょっとはいるもん!)

仕事では日本全国、いえ、世界各国の仲間と、毎日オンラインでつながって交流をもっています。

こんな働き方が、まさかこの田舎の地で叶うとは思いませんでした。

きっと、あのまま東京にいたら、この働き方には目を向けることすらしなかったかもしれません。

この地に越してきて一番の収穫、それは、キャスターでの仕事に出会えたことかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ワーケーション/コワーキングスペース

    【茨城県】大洗の海を見ながらワーケーション!

    広報O@埼玉県民茨城県が取り組む「トライアル移住・二地域拠点推…

  2. キャスターの人々

    リモートワーク人材企業キャスターの納会は、やはりリモート開催だった

    赤出美衣(あかで・みい)@東京都民国内34都道府県、海外16か…

ワーケーション(地方創生)特集

新しい働き方(女性活躍推進)特集

キャスター社員の声特集

最近の記事

  1. エンジニアチーム全員がフルリモートで働く際に役立つ便利ツール…
  2. キャスター×ジーズアカデミー×T-KIDS、リモートワークの…
  3. 小学生でもリモートでやっていける?(石原さん)
  4. 「リモートワークを当たり前にする」という文化を作ること(森岡…
  5. リモートワークだから情報量が少ないというのはウソ(村田さん)…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP