クラウドを活用

目指すは人材のクラウド化! 特別対談 多賀亮一×中川祥太

リモートワークを可能にするクラウド型インフラ構築にはどのようなツールがおすすめなのか、セキュリティを強化するノウハウはあるのか――?

クラウドのインフラ部門に特化したエンジニアとしてフリーランスで活動している多賀亮一さんに、Caster代表・中川祥太が真剣質問。さまざまなクラウドツールやサービスを比較検討している多賀さんならでは、の視点で繰り広げられたリアルなトークをご紹介します。

多賀亮一(Ryoichi Taga)
1980年5月生まれ。近畿大学卒業。
小さいころからワープロやパソコンを駆使し、「いかに情報ツールを使いこなすか?」を考えながら成長する。
就職後は、日本初のデジタルサイネージの構築、動画配信システムの構築、オンラインゲームサーバーの構築プロジェクトなどに関わり、本格的なインフラエンジニアとして活躍。情報セキュリティアドミニストレータを取得し、官公庁のセキュリティ監査にも携わる。
その後独立して、プロジェクトの情報基盤整備やインフラ構築を指導している。

中川祥太(Shota Nakagawa
1986年6月生まれ。西大和学園高等学校卒。日本大学経済学部中退。在学中、ライブドアマーケティング社でのテレアポのアルバイトで大金を稼ぎ、20歳の時に知人からの紹介で古着屋を開業するもまったく流行らず、あえなく閉店へ。その後、ネット広告代理店のオプト社に入社。社内ベンチャーのソウルドアウト社に出向後、2012年に退職し大阪へ。イー・ガーディアン社の大阪営業所の立ち上げ人員として働く。ソーシャルメディア関連の事業を主に担当。ソーシャルリスクの専門家として、各種テレビメディアへの出演、連載を持つ。
並行して、新規事業を担当する事業企画部に異動となりクラウドソーシングと出会う。クラウドソーシングの可能性、そして日本の市場におけるオンラインワーカーの発展途上な状況を見て、起業を決意。2014年9月、株式会社キャスター創業。

続きを読む

「伝えることを、もっと簡単に」で リモートワークの未来を切り開く―株式会社スタディスト

マニュアル作成・運用を簡単にするためのクラウドサービスTeachme Bizなどで急成長中の株式会社スタディスト。その執行役員 CMOである豆田裕亮さんは、さまざまな打ち合わせや会社訪問で忙しい日々を送っています。多くの業務をこなすため「リモートワーク」もひとつの方法として積極的に取り入れている豆田さんの働き方にフォーカスしてみました。

豆田裕亮(Yusuke Mameda)/執行役員 CMO
早稲田大学大学院理工学研究科卒。株式会社インクスにて大手自動車メーカーの設計製造コンサルティングに従事し、その後、2007年に同社経営企画室。2011年3月に株式会社スタディストに参画。Teachme Bizの広報・マーケティング・カスタマーサポートを担当。東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座で研究員も務めている。

続きを読む

後進の育成にも携わりたい! リモートワークが紡いだ夢への第一歩

ライター暦約3年のこちゆうさん。現在は北海道に住みながら、クラウドソーシングサービスを利用してライティングをしているほか、ディレクションなど多彩な活動を積極的に行っているフリーランサーです。今年の春に出産を控えるこちゆうさんに、リモートワーカーとしての働き方やキャリアプランなどについてお話をうかがいました。

続きを読む

山口豪志さんが考える「リモートワーク3.0」

大学3年次からリモートワークという働き方で東京や海外のプロジェクトに参画し、リモートワークや女性の働き方を中心に発信し続けているリモートワークマガジン編集長・大﨑が、クックパッド、ランサーズをスケールさせた後、現在はインキュベーション施設のマネージャー、エンジェル投資家、スタートアップのコンサルタントというパラレルキャリアで活躍中の山口豪志さんに「未来の働き方」をテーマにインタビュー。リモートワークとクラウドソーシングの進化の先にある「新たな働き方」について語ってもらいました。

続きを読む

by caster-biz