シェアオフィス

骨折が人生の転機でリモートワーカーへ。新しい働き方を伝えたい!

エディター・ライターとして活躍する長岡宏江さん。複数の出版社勤務を経て、以前から興味があった女性に関する分野のエディター・ライターに転身し、フリーランス・リモートワークの道へ。今後は、働く女性が生きやすい世の中にするため、リモートワーカーの働き方をもっと広めていくことを目標にしているそう。現在の働き方やその思いにフォーカスしてみました。

長岡宏江(Hiroe Nagaoka)/フリーランスエディター・ライター
明治大学卒業後、主婦の友インフォス情報社入社。女性誌や女性向け実用書を多く手がけたのち、幻冬舎メディアコンサルティング入社。同年、サニーサイドアップの会社案内『原色しごと図鑑』にて日本広告BtoB銅賞受賞。その後、ベネッセコーポレーションに入社し、保護者冊子、子ども向け知的好奇心雑誌などを担当する。
2014年にWEBベンチャーに入り、女性向けWEBメディアのコンテンツプランナーとして活躍。
2015年フリーランスのエディター・ライターとして独立し、多くの女性向けWEBメディア、様々な出版社の編集などを手がける。

続きを読む

リモートワークで叶える自由なワークスタイル! 独自の切り口で伝統工芸品の魅力を発信

日本の地域特産品や伝統工芸品の販売促進企画、および販売を行う「FEEL J」の代表・加藤千晶さんは、事務処理や打ち合わせだけでなく、伝統工芸品を紹介するイベントや展示販売会まで、幅広くシェアオフィスを活用。その自由なワークスタイルについて、お聞きしました。

加藤 千晶(Chiaki Kato)/FEEL J 代表
欧米のジュエリー、テーブルウェア、レザーウェアなどのラグジュアリーブランドで店舗運営、販売促進のマネージメントを経て、2013年10月にFEEL Jを設立。海外ブランドでの手法を生かし、日本の地域特産品や伝統工芸品、新しい視点で伝統工芸をとらえた商品の販売、販売促進企画を行っている。とくに漆について造詣が深く、2016年、漆・漆器の作り手と使い手を繋ぐAct.CSUを始動。

続きを読む

シェアオフィスは単なる仕事場じゃない、イノベーションやアイディアが生まれる場所

リモートワーカーが増加するにつれ、都心を中心にシェアオフィスが発展してきています。リモートワーカーにとってはありがたい一方、支払う会費以上のメリットがあるのかと考えてしまいがち。そこで、今回はリモートワーカーではなく、場所を提供しているシェアオフィスの運営者側の視点にスポットを当てました。

続きを読む

by caster-biz