チャットコミュニケーション

世界一周しながらリモートワーク!7年越しで夢を叶えた「灯台もと暮らし」編集長・伊佐知美さんのワークスタイル

これからの暮らしを考えるWEBメディア「灯台もと暮らし」の編集長として、指揮を執る伊佐知美さん。彼女はこのメディアを運営する株式会社Waseiの社員であり、会社に籍を残し編集長の役職を担ったまま、今年4月、世界一周の旅をスタートさせました。

「世界を旅しながら、どうやって編集長の責務を果たすの?」「海外で問題なく仕事ができるの?」、この事実を聞いたとき、筆者の頭にはそんな疑問が湧きました。きっと同じ疑問を抱いた方も多いはず。そこで、伊佐さんご本人に現在のワークスタイルに至った経緯から、海外でのリモートワーク事情、今後の展望までを取材。「旅をしながらのワークスタイル」を模索している方、必見です!

伊佐 知美(Tomomi Isa)

脱サラの編集者・ライター。1986年生まれ、新潟県出身。『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰、ことりっぷWEB連載「伊佐知美の世界一周さんぽ」、「人生デザイン U-29(NHK)」出演など。2017年1月書籍『移住女子』を新潮社より出版予定。旅が好きすぎて2016年4月から世界一周へ。㈱Waseiに所属したままリモートワーク中。

続きを読む

リモートワーカーの孤独の原因!?在宅ワークで失う5つのこと

自宅で作業ができるリモートワーカーは、ある意味とても気楽です。上司に気を遣う場面は減るし、体調が悪い時に元気なふりをして出社する必要 がないため、リモートワークを始めた当初は開放感を噛み締めていました! しかし、リモートワークに慣れてくるとふと「寂しさ」を感じることもあります。一見すると自由なワークスタイルですが、働く仲間と交流する機会が少ないという弱みもあるのです。

今回は、家で仕事をすることで失ってしまう、会社の中の5つの場面についてお伝えします。あなたにも心当たりはあるでしょうか?

続きを読む

会社の理解は100%、リモートワーカーになって増えた“母親時間”

仕事において、もっと高みを目指したい! しかし、無理なく子育てにも専念できるような働き方も選びたい。

株式会社co-meetingでエンジニアとして働く寺嶋章子さんは、3人のお子さんを持つお母さんです。約10年間勤めたIT企業を退職し、リモートワーカーになりました。今回はco-meetingのオフィスにお邪魔し、出勤中の寺嶋さんと取締役である矢野貴明さんにお話を伺いました。

寺嶋 章子(Shoko Terajima)
1982年生まれ。千葉県在住。IT企業で10年ほど勤務し、マネジメントを担当。その後、株式会社co-meetingに転職し、週に5日、1日5時間の契約でエンジニアのリモートワーカーとして働いている。2歳・5歳・7歳の3人の子どもの母でもある。

続きを読む

『ブログ飯』の著者・染谷昌利氏が語る! リモートワーカーが成功する秘訣とは

12年間の会社員生活を経て、独立した染谷昌利さん。元々は趣味だったブログ運営に専念したところ、とあるメディアのアクセス数が爆発的に伸び、一躍有名人に。その後、書籍の執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、イベント運営等、幅広く活躍されています。フリーランスのリモートワーカーとして数々の実績を残している染谷さんに、これまでのストーリーや成功の秘訣を語っていただきました。

染谷 昌利(Masatoshi Someya)
1975年生まれ、埼玉県出身。株式会社MASH 代表取締役。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、ブログメディア収益化の専門家として独立。行政機関のアドバイザー、企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

続きを読む

3社のパートナー企業とリモートワーク! 理想のライフスタイルが実現

フリーランスのデザイナーとして活躍する礒貝直美さん。現在は、3つの企業とパートナー契約を結び、主にウェブやiOS/AndroidアプリのUIデザインをしているそう。礒貝さんには実現したいライフスタイルがあり、そのためにリモートワークを選んだといいます。独特のワークスタイルで叶えたライフデザインと、仕事への熱い思いをお聞きしました。

礒貝 直美(Naomi Isogai)/フリーランスデザイナー
ウェブサービスを運営する3社とパートナー契約を結ぶ。Clipping Designという屋号で、千葉・東京を中心に活動中。

続きを読む

「旅するように働き、旅するように生きる」 ― 人生の幸せと多様性をつきつめて出会ったのがリモートワークだった。

旅するように働き、旅するように生きるー。そんな夢のような働き方・生き方を実現している世界一周団体TABIPPOは代表自らが1年の半分は東京以外の都市で働いているというほど、本格的にリモートワークを会社として実践している企業。

この「旅しながら働きたい」という声は、今回インタビュー・編集を担当した大﨑が、地方の学生が都内の会社にリモートでインターンをする「リモートインターン」を仕組み化した際に多くの学生から聞かれた”夢”でした。

そこで今回は旅×リモートワークをテーマとして、旅をしながら働くためのノウハウやマインド、思い描く働き方の未来について、世界一周団体TABIPPOの代表取締役である「しみなお」こと清水直哉さんにお話を伺いました。

清水直哉(Naoya Shimizu)
創設から今までTABIPPOの代表を務める。東京学芸大学にてサッカー漬けの日々を送るが、人生に悩み、世界一周の旅へ。 旅で出会った仲間とTABIPPOを立ち上げる。 卒業後はWEB広告代理店の株式会社オプトへ入社、1年目からソーシャルメディア関連事業の立ち上げに参画。最年少マネージャーの経験などを経て2013年11月に退職、 TABIPPOにて法人登記を果たす。趣味は自分探し、夢は「やりたいことを、やりたいだけ、やりたい場所で、やりたい時に、やりたい仲間と、やり続けること」。

続きを読む

世界中どこにいても仕事は可能! ドイツから情報発信を続けるリモートワーカー

イギリスを拠点に、英語に堪能なオンラインスタッフを日本の企業に紹介している「ジャパン・ワールド・リンク(旧:バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP))」(宮地アンガス代表)。スタッフの久保みゆきさんはドイツに暮らすリモートワーカーとして、同社の広報などを担っています。久保さんにリモートワークを始めたきっかけや、普段のお仕事の様子についてお伺いしました。

*宮地代表のインタビュー記事『世界との距離を縮めたい!~バーチャルスタッフ JPが目指す国際的リモートワーク』もあわせてご覧ください。

続きを読む

ママのリモートワークが自立&自律できるようサポート! クリエイティブマムズリンク

フリーランスで活躍するママを中心に、“ママ知見”を活かして企業やメディア、団体から事業やWeb制作などの仕事を受注しているクリエイティブマムズリンク。その代表を務める佐藤にのさん自身も、2人の子どもの妊娠・出産を経験する中で、会社勤め、在宅勤務、フリーランスと働き方を変え、家事・育児・仕事のトリプル両立を図るコツを探ってきたそうです。クリエイティブマムズリンクの活動や、佐藤さん自身の働くことや生きることへの想いについて語っていただきました。

佐藤にの(Nino Sato)
音楽会社に勤務した後、2004年から始めたライター業に専念する形で2012年からフリーランスに。2013年に「自営型テレワーク」の実践を目指し、フリーランスママによる事業プロデュースチーム「クリエイティブマムズリンク」を立ち上げ、代表として案件のプランニングやコーディネートにあたっている。ほかにも一般社団法人「 Stand for mothers 」代表理事や、「ママのはたらくインフォメーション実行委員会」で実行委員長を務めるなど、女性の働き方についての環境整備や意識改革につなげる活動に積極的に取り組んでいる。

続きを読む

リモートワークでひらめきを! イスラエル企業Wix.comの働き方

現在、アメリカに次ぐスタートアップ国家として注目を集めるイスラエル。世界に7,800万人のユーザーを抱える無料ホームページ作成サービスを提供するWix.com(ウィックス ドットコム)は、人口第2の都市テルアビブに本社を構え、成長を続けるスタートアップ企業のひとつです。Wix.comのイスラエル本社でマーケティング・マネージャーとして働く田澤潤子(たざわじゅんこ)さんに、その自由な社風やリモートワークを含むフレキシブルな働き方などについてお話をうかがいました!

続きを読む

by caster-biz