バーチャルアシスタント

世界との距離を縮めたい!-バーチャルスタッフ JPが目指す国際的リモートワーク

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催や外国人観光客の増加に伴い、さまざまな施設や店舗で国際化が求められています。またグローバル化が加速する中で、国境なき“ボーダレス”なビジネス展開も視野に入れなければいけない時代となりました。

そのような時代にあって、英語に堪能なオンラインスタッフを企業などに紹介する会社バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)(*現在は「ジャパン・ワールド・リンク」に改称)立ち上げたのが宮地アンガスさん。リモートワーカーと一緒に仕事を進めるうえで心がけていることや、海外クラウドソーシングと国内事情との違い、自身もオフィスレスな働き方を実践しながら日々考えていること、などについてお話をうかがいました。

宮地アンガス(Angus Miyaji)
栃木県出身。英スコットランド出身の母と、日本人の父を持つ。川崎医療福祉大学で臨床心理学を学んだのち2002年に渡英。会社勤務を経て、2004年に「Access Student Pack」、2006年には日系企業を中心に印刷やデザインの仕事を請け負う「Access Ideas」を起業。2015年5月に、バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)を設立し、英語のできるオンラインスタッフを日本の企業に紹介している。2016年には「ジャパン・ワールド・リンク」として新しいスタートを切った。
母が宮城県七ケ浜町に住んでいることから、東日本大震災の被災者をイギリスから支援するチャリティー団体「Seven Beach Aid」の代表も務めている。

続きを読む

効率UPのちょっとした習慣! デキるリモートワーカーの仕事術

リモートワークでクライアントの仕事をサポートするオンラインアシスタントは、これからの新しいワークスタイル。在宅での仕事がもっと身近なものになります。しかし、オンラインアシスタントというリモートワークスタイルは、ひとりでPCに向かい自宅で作業することがほとんどなので、どうしても注意散漫になりがちです。効率よく仕事をするためには、いろいろな工夫と自己管理が大切になります。

今日は欧米のバーチャルアシスタントによる「仕事効率を上げる5つの仕事術」をご紹介しますので、ぜひリモートワークの仕事術として参考にしてみてくださいね。

続きを読む

キーワードは「HOME OFFICE」? 日本でリモートワーク・在宅ワークが普及しない本当の理由

オフィスに拘束されない柔軟な働き方として注目を集めている「リモートワーク」「在宅ワーク」。しかし、企業側と働き手双方に大きなメリットがあるにも関わらず、日本ではなかなか定着しませんね。

アメリカで流行したバーチャルアシスタントが、何故日本でこれまで普及してこなかったのか理由を考えてみたところ、根本的な原因として「日本人の『HOME OFFICE』感覚の有無」が浮かび上がってきました。

続きを読む

by caster-biz