ベンチャー

世界10ヶ国以上のリモートワーカーと言語学習アプリを開発!

2015年11月に音楽で言語を学べるアプリ「Lyriko(リリコ)」をリリースしたSkylight Games LLC.(スカイライト・ゲームス、本社アメリカ・ボストン)。創業者であるDan Roy(ダン・ロイ)さんと夫婦二人三脚で頑張っているのが日本出身の塩谷雅子さんです。プログラマーをはじめ翻訳者、マーケター、アーティストなど、さまざまな人材を世界中から採用し、全員がリモートワーカーという同社。言葉も文化もさまざまな中でコミニュケ―ションを図るための工夫やワーキングスタイルはどのようなものでしょうか。3月、日本に一時帰国されていた塩谷さんにインタビューさせていただきました。

塩谷雅子(Masako Shiotani)
鳥取県出身、早稲田大学卒。Skylight Games(スカイライト・ゲームス)プロデューサー。大学卒業後、(株)ベネッセコーポレーションで小学生向け教材編集や、CSR事業、海外向け新規事業等開発を担当。ハーバード社会起業大会スタディーツアー参加を経て、2014年、結婚を機に渡米。夫とスカイライト・ゲームス社を立ち上げ、音楽で英語を学ぶアプリ「Lyriko(リリコ)」の開発に携わっている。米国ボストン在住。

続きを読む

「旅するように働き、旅するように生きる」 ― 人生の幸せと多様性をつきつめて出会ったのがリモートワークだった。

旅するように働き、旅するように生きるー。そんな夢のような働き方・生き方を実現している世界一周団体TABIPPOは代表自らが1年の半分は東京以外の都市で働いているというほど、本格的にリモートワークを会社として実践している企業。

この「旅しながら働きたい」という声は、今回インタビュー・編集を担当した大﨑が、地方の学生が都内の会社にリモートでインターンをする「リモートインターン」を仕組み化した際に多くの学生から聞かれた”夢”でした。

そこで今回は旅×リモートワークをテーマとして、旅をしながら働くためのノウハウやマインド、思い描く働き方の未来について、世界一周団体TABIPPOの代表取締役である「しみなお」こと清水直哉さんにお話を伺いました。

清水直哉(Naoya Shimizu)
創設から今までTABIPPOの代表を務める。東京学芸大学にてサッカー漬けの日々を送るが、人生に悩み、世界一周の旅へ。 旅で出会った仲間とTABIPPOを立ち上げる。 卒業後はWEB広告代理店の株式会社オプトへ入社、1年目からソーシャルメディア関連事業の立ち上げに参画。最年少マネージャーの経験などを経て2013年11月に退職、 TABIPPOにて法人登記を果たす。趣味は自分探し、夢は「やりたいことを、やりたいだけ、やりたい場所で、やりたい時に、やりたい仲間と、やり続けること」。

続きを読む

世界中どこにいても仕事は可能! ドイツから情報発信を続けるリモートワーカー

イギリスを拠点に、英語に堪能なオンラインスタッフを日本の企業に紹介している「ジャパン・ワールド・リンク(旧:バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP))」(宮地アンガス代表)。スタッフの久保みゆきさんはドイツに暮らすリモートワーカーとして、同社の広報などを担っています。久保さんにリモートワークを始めたきっかけや、普段のお仕事の様子についてお伺いしました。

*宮地代表のインタビュー記事『世界との距離を縮めたい!~バーチャルスタッフ JPが目指す国際的リモートワーク』もあわせてご覧ください。

続きを読む

リモートワークでひらめきを! イスラエル企業Wix.comの働き方

現在、アメリカに次ぐスタートアップ国家として注目を集めるイスラエル。世界に7,800万人のユーザーを抱える無料ホームページ作成サービスを提供するWix.com(ウィックス ドットコム)は、人口第2の都市テルアビブに本社を構え、成長を続けるスタートアップ企業のひとつです。Wix.comのイスラエル本社でマーケティング・マネージャーとして働く田澤潤子(たざわじゅんこ)さんに、その自由な社風やリモートワークを含むフレキシブルな働き方などについてお話をうかがいました!

続きを読む

世界との距離を縮めたい!-バーチャルスタッフ JPが目指す国際的リモートワーク

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催や外国人観光客の増加に伴い、さまざまな施設や店舗で国際化が求められています。またグローバル化が加速する中で、国境なき“ボーダレス”なビジネス展開も視野に入れなければいけない時代となりました。

そのような時代にあって、英語に堪能なオンラインスタッフを企業などに紹介する会社バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)(*現在は「ジャパン・ワールド・リンク」に改称)立ち上げたのが宮地アンガスさん。リモートワーカーと一緒に仕事を進めるうえで心がけていることや、海外クラウドソーシングと国内事情との違い、自身もオフィスレスな働き方を実践しながら日々考えていること、などについてお話をうかがいました。

宮地アンガス(Angus Miyaji)
栃木県出身。英スコットランド出身の母と、日本人の父を持つ。川崎医療福祉大学で臨床心理学を学んだのち2002年に渡英。会社勤務を経て、2004年に「Access Student Pack」、2006年には日系企業を中心に印刷やデザインの仕事を請け負う「Access Ideas」を起業。2015年5月に、バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)を設立し、英語のできるオンラインスタッフを日本の企業に紹介している。2016年には「ジャパン・ワールド・リンク」として新しいスタートを切った。
母が宮城県七ケ浜町に住んでいることから、東日本大震災の被災者をイギリスから支援するチャリティー団体「Seven Beach Aid」の代表も務めている。

続きを読む

乗り遅れないために知っておきたい、世界のノマド&リモートワーク最新事情

きゅうくつなスーツや、満員電車、ストレスフルな上司のかわりに、居心地のよいスペースや家族、気の合う仲間に囲まれて仕事をする――。
そんな理想的な働き方を求めて、「デジタルノマド」や「リモートワーク」の道を選ぶ人たちが世界的で増加傾向にあります。

例えばアメリカでは、2000年はじめには全労働人口のうち15%に過ぎなかったリモートワーカーが、2015年には約30%にのぼったと報告されています。
そして2035年には、世界人口のうち、実に14%の人がなんらかのかたちで「デジタルノマド」になると報告する専門家も。
このような新たな流れに乗り遅れないためには、世界のノマドやリモートワークの最前線を知ることも重要。
イギリスのメディア「BargainFox」が作成したインフォグラフ「Digital Nomads & The Remote Work Revolution」で、最新事情を押さえておきましょう!

続きを読む

「リモートワークを頑張る会社」を3分類してみました!!

こんにちは!

CasterBizブログ編集長の大﨑です!

先日、渋谷と長崎で「リモートワーク」についての勉強会と講演会を実施しました。今回は、その準備段階で学んだことを中心に、“リモートワークを推進する企業”を3分類に分けて、それぞれの傾向と特徴をご紹介。リモートワークを社会に浸透させる「鍵(キー)」を探ります。

ひとつの会社に所属して会社員として勤務する形が一般的な日本においても、フリーランスの方を中心に、「リモートワーカー」が全国的に存在しています。しかし、今後より一層リモートワークが浸透するためには、『リモートワークを推進する企業』が増えることが必須ではないでしょうか?そこで、現在「リモートワークを頑張っている会社」について調べてみました!

続きを読む

by caster-biz