メール処理

育児や介護でキャリアが途切れないように-Be-Workingでリモートワークを

働きたい人が、働き続けられる社会をつくりたい。育児や介護を理由に、その人がこれまで積み重ねてきたキャリアが途切れないよう支援したい――。

その願いを叶えるべく2015年9月、育児・介護休暇取得サポートと業務代行サービスを行う「Be-Working(ビー・ワーキング)」は誕生しました。立ち上げたのは、特定社会保険労務士の渡辺明子さん(Anna人事労務サポート代表、写真左)と女性の起業支援を行っている池田範子さん(またたび企画代表、写真右)という2人の女性。

育児や介護と仕事をどう両立させるかは、誰もが直面しうる問題です。そのときどう働いていけるのか、リモートワークの可能性も考えながら、渡辺さんと池田さんにお話をおうかがいしました。

渡辺明子(Akiko Watanabe)
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー。Anna人事労務サポート代表。
正社員、時には派遣社員として一部上場から中小企業までの人事・労務の仕事に携わった経験を活かし、2011年4月独立。様々な規模の企業に合わせた労務管理サポート及び就業規則の作成などを行っている。

池田範子(Noriko Ikeda)
またたび企画代表。
コンサルティング会社で10年間、経営支援・システム導入に携わった後、2010年8月に女性起業家を応援するまたたび企画株式会社を設立。2011年には、自宅で教室を開業する女性支援サービス“お教室開業支援ミスト”を開始。毎年約300名の女性起業家の集客サポートを行っている。

続きを読む

世界との距離を縮めたい!-バーチャルスタッフ JPが目指す国際的リモートワーク

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催や外国人観光客の増加に伴い、さまざまな施設や店舗で国際化が求められています。またグローバル化が加速する中で、国境なき“ボーダレス”なビジネス展開も視野に入れなければいけない時代となりました。

そのような時代にあって、英語に堪能なオンラインスタッフを企業などに紹介する会社バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)(*現在は「ジャパン・ワールド・リンク」に改称)立ち上げたのが宮地アンガスさん。リモートワーカーと一緒に仕事を進めるうえで心がけていることや、海外クラウドソーシングと国内事情との違い、自身もオフィスレスな働き方を実践しながら日々考えていること、などについてお話をうかがいました。

宮地アンガス(Angus Miyaji)
栃木県出身。英スコットランド出身の母と、日本人の父を持つ。川崎医療福祉大学で臨床心理学を学んだのち2002年に渡英。会社勤務を経て、2004年に「Access Student Pack」、2006年には日系企業を中心に印刷やデザインの仕事を請け負う「Access Ideas」を起業。2015年5月に、バーチャルスタッフ JP (Virtual Staff JP)を設立し、英語のできるオンラインスタッフを日本の企業に紹介している。2016年には「ジャパン・ワールド・リンク」として新しいスタートを切った。
母が宮城県七ケ浜町に住んでいることから、東日本大震災の被災者をイギリスから支援するチャリティー団体「Seven Beach Aid」の代表も務めている。

続きを読む

オンライン秘書ならではの!? ちょっと変わったユーザー辞書事情!

こんにちは! CasterBizブログ編集長の大﨑です。

今回は、「リモートワーク」のプロ、オンラインアシスタントたちが利用している便利な機能をご紹介します。

それは、意外とフル活用できていない人が多い「ユーザー辞書」。

テキストベースで仕事をするリモートワーカーだからこそ、使い倒すメリット大なんです!

続きを読む

by caster-biz