ライター

“おうちオフィス”の同僚は旦那さん!ON・OFFは切り替えません!

中山さん700-side

今回インタビューさせていただいたのは、ご夫婦で編集プロダクションを運営されながら、大人の女性のラブメディア「JESSIE」編集長、そしてフリーライターとしても幅広く活動される中山美里さん。私生活では3児の母としても活躍される中山さんは、ご夫婦共にリモートワーカー。フリーランス歴14年というベテランライター中山さんは、どのようなリモートワークスタイルでお仕事をされているのでしょうか?

中山 美里(Misato Nakayama)
編集プロダクション、株式会社オフィスキングをご夫婦で運営。大人の女性のラブメディア「JESSIE」編集長。フリーライター。
[著書]『16歳だった~私の援助交際日記』(幻冬舎)・『漂流遊女』(ミリオン出版)など
[執筆書籍]『ネット風俗嬢』(出版社:泰文堂)など
[企画&プロデュースされた書籍]
『皮下脂肪コントロール』(著:中島絹代/出版社:ワニブック)
『日本一の売る技術』(著:丹羽昭尋/出版社:きずな出版)
『37歳からの婚活』(著:大西 加枝 /出版社:扶桑社)

大人の女性のラブメディア「JESSIE」
http://jessie.jp

続きを読む

世界一周しながらリモートワーク!7年越しで夢を叶えた「灯台もと暮らし」編集長・伊佐知美さんのワークスタイル

これからの暮らしを考えるWEBメディア「灯台もと暮らし」の編集長として、指揮を執る伊佐知美さん。彼女はこのメディアを運営する株式会社Waseiの社員であり、会社に籍を残し編集長の役職を担ったまま、今年4月、世界一周の旅をスタートさせました。

「世界を旅しながら、どうやって編集長の責務を果たすの?」「海外で問題なく仕事ができるの?」、この事実を聞いたとき、筆者の頭にはそんな疑問が湧きました。きっと同じ疑問を抱いた方も多いはず。そこで、伊佐さんご本人に現在のワークスタイルに至った経緯から、海外でのリモートワーク事情、今後の展望までを取材。「旅をしながらのワークスタイル」を模索している方、必見です!

伊佐 知美(Tomomi Isa)

脱サラの編集者・ライター。1986年生まれ、新潟県出身。『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰、ことりっぷWEB連載「伊佐知美の世界一周さんぽ」、「人生デザイン U-29(NHK)」出演など。2017年1月書籍『移住女子』を新潮社より出版予定。旅が好きすぎて2016年4月から世界一周へ。㈱Waseiに所属したままリモートワーク中。

続きを読む

旅をしながら働く。うつ病を乗り越えて見つけた、新たなワークスタイル

日本の最南端にある離島や異国のコワーキングスペース……なまけりーさんは世界各地を仕事場とし、情報発信をしているトラベルライターです。もともと外資系の銀行で正社員として働いていましたが、現在はワークスタイルを180℃変えて、場所にも人にも縛られない働き方を選んでいます。

波照間島から福岡のご自宅に帰ってきたばかりだと言うなまけりーさんに、スカイプでお仕事の話を伺うことができました。

なまけりー(namakerie)
1990年生まれ。福岡県在住。大学卒業後、東京の外資系銀行に約3年間勤務した後、激務によるうつ病を発症して退職。現在は海外・国内問わず旅をしながら情報発信をするトラベルライターとして活躍中。名前の由来は、大昔から変わらず、ありのままの姿で他の生物と共存している動物「なまけもの」と本名の「えり」との掛け合わせ。

続きを読む

骨折が人生の転機でリモートワーカーへ。新しい働き方を伝えたい!

エディター・ライターとして活躍する長岡宏江さん。複数の出版社勤務を経て、以前から興味があった女性に関する分野のエディター・ライターに転身し、フリーランス・リモートワークの道へ。今後は、働く女性が生きやすい世の中にするため、リモートワーカーの働き方をもっと広めていくことを目標にしているそう。現在の働き方やその思いにフォーカスしてみました。

長岡宏江(Hiroe Nagaoka)/フリーランスエディター・ライター
明治大学卒業後、主婦の友インフォス情報社入社。女性誌や女性向け実用書を多く手がけたのち、幻冬舎メディアコンサルティング入社。同年、サニーサイドアップの会社案内『原色しごと図鑑』にて日本広告BtoB銅賞受賞。その後、ベネッセコーポレーションに入社し、保護者冊子、子ども向け知的好奇心雑誌などを担当する。
2014年にWEBベンチャーに入り、女性向けWEBメディアのコンテンツプランナーとして活躍。
2015年フリーランスのエディター・ライターとして独立し、多くの女性向けWEBメディア、様々な出版社の編集などを手がける。

続きを読む

by caster-biz