ライティング

世界一周しながらリモートワーク!7年越しで夢を叶えた「灯台もと暮らし」編集長・伊佐知美さんのワークスタイル

これからの暮らしを考えるWEBメディア「灯台もと暮らし」の編集長として、指揮を執る伊佐知美さん。彼女はこのメディアを運営する株式会社Waseiの社員であり、会社に籍を残し編集長の役職を担ったまま、今年4月、世界一周の旅をスタートさせました。

「世界を旅しながら、どうやって編集長の責務を果たすの?」「海外で問題なく仕事ができるの?」、この事実を聞いたとき、筆者の頭にはそんな疑問が湧きました。きっと同じ疑問を抱いた方も多いはず。そこで、伊佐さんご本人に現在のワークスタイルに至った経緯から、海外でのリモートワーク事情、今後の展望までを取材。「旅をしながらのワークスタイル」を模索している方、必見です!

伊佐 知美(Tomomi Isa)

脱サラの編集者・ライター。1986年生まれ、新潟県出身。『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰、ことりっぷWEB連載「伊佐知美の世界一周さんぽ」、「人生デザイン U-29(NHK)」出演など。2017年1月書籍『移住女子』を新潮社より出版予定。旅が好きすぎて2016年4月から世界一周へ。㈱Waseiに所属したままリモートワーク中。

続きを読む

リモートワークと会社員。社内外でスキルを磨く新しい働き方

会社員の大原絵理香さんは、社外でもリモートワーカーとして活躍中。アメリカの大学に通っていたときから日本の出版社の仕事を請け負っていたという、リモートワークの先駆者です。現在も複数の企業と契約を結び、PRやライティング、編集 の仕事をリモートで行っています。

その中の1つが、今回ご紹介する株式会社アイクリエイトです。リモートワーカーとして参加し、“エマージェンシーホイッスル ”をはじめとしたPRに大忙し! どのようにお仕事をされているのでしょうか?

続きを読む

木更津市がリモートワーク体験セミナー「多様な働き方を知ってほしい」

子育て中の女性を対象に「自宅で仕事ができる。テレワークセミナー&ライティング講座」が2016年3月、3回シリーズで開催されました。
講座を企画・主催したのは千葉県の木更津市。行政がどのようにテレワーク、リモートワークを後押ししようとしているのか、取材してきました。

続きを読む

細く長く、そして強く! 子どもがいても妊娠中でも私は働く

妊娠・出産後も働き続けたい。これは多くの女性が望むことです。ブランクがあると仕事復帰が難しいというのも理由のひとつでしょう。
このようななか、3年間の専業主婦生活を経て、フリーランス編集者として仕事復帰した酒井真由美(仮)さんを取材しました。一男一女を育てつつ、現在妊娠9ヵ月。大きなおなかで家庭と仕事をバランスよく楽しむ姿は、とてもイキイキとしています。

続きを読む

ママのリモートワークが自立&自律できるようサポート! クリエイティブマムズリンク

フリーランスで活躍するママを中心に、“ママ知見”を活かして企業やメディア、団体から事業やWeb制作などの仕事を受注しているクリエイティブマムズリンク。その代表を務める佐藤にのさん自身も、2人の子どもの妊娠・出産を経験する中で、会社勤め、在宅勤務、フリーランスと働き方を変え、家事・育児・仕事のトリプル両立を図るコツを探ってきたそうです。クリエイティブマムズリンクの活動や、佐藤さん自身の働くことや生きることへの想いについて語っていただきました。

佐藤にの(Nino Sato)
音楽会社に勤務した後、2004年から始めたライター業に専念する形で2012年からフリーランスに。2013年に「自営型テレワーク」の実践を目指し、フリーランスママによる事業プロデュースチーム「クリエイティブマムズリンク」を立ち上げ、代表として案件のプランニングやコーディネートにあたっている。ほかにも一般社団法人「 Stand for mothers 」代表理事や、「ママのはたらくインフォメーション実行委員会」で実行委員長を務めるなど、女性の働き方についての環境整備や意識改革につなげる活動に積極的に取り組んでいる。

続きを読む

オンライン秘書ならではの!? ちょっと変わったユーザー辞書事情!

こんにちは! CasterBizブログ編集長の大﨑です。

今回は、「リモートワーク」のプロ、オンラインアシスタントたちが利用している便利な機能をご紹介します。

それは、意外とフル活用できていない人が多い「ユーザー辞書」。

テキストベースで仕事をするリモートワーカーだからこそ、使い倒すメリット大なんです!

続きを読む

by caster-biz