新しい働き方

世界一周しながらリモートワーク!7年越しで夢を叶えた「灯台もと暮らし」編集長・伊佐知美さんのワークスタイル

これからの暮らしを考えるWEBメディア「灯台もと暮らし」の編集長として、指揮を執る伊佐知美さん。彼女はこのメディアを運営する株式会社Waseiの社員であり、会社に籍を残し編集長の役職を担ったまま、今年4月、世界一周の旅をスタートさせました。

「世界を旅しながら、どうやって編集長の責務を果たすの?」「海外で問題なく仕事ができるの?」、この事実を聞いたとき、筆者の頭にはそんな疑問が湧きました。きっと同じ疑問を抱いた方も多いはず。そこで、伊佐さんご本人に現在のワークスタイルに至った経緯から、海外でのリモートワーク事情、今後の展望までを取材。「旅をしながらのワークスタイル」を模索している方、必見です!

伊佐 知美(Tomomi Isa)

脱サラの編集者・ライター。1986年生まれ、新潟県出身。『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰、ことりっぷWEB連載「伊佐知美の世界一周さんぽ」、「人生デザイン U-29(NHK)」出演など。2017年1月書籍『移住女子』を新潮社より出版予定。旅が好きすぎて2016年4月から世界一周へ。㈱Waseiに所属したままリモートワーク中。

続きを読む

リモートワーカー活用は、社会貢献ではなくビジネス戦略―株式会社アイクリエイト

株式会社アイクリエイトは「ヒトのチカラに関するモッタイナイを解消する」をミッションに掲げ、ブランディングやPRを主軸事業としています。せっかく良い商品・サービスを提供しているのに、認知度や売り上げのアップにつながらない……。そんな悩みを解決し、幅広いクライアントから支持されているといいます。

同社のビジネスを支えているのが、リモートワーカーたちです。その多くは、地方在住者や子育て中の母親。時間や場所に制約がある人材を、どのように活用しているのでしょうか? 代表の粟田あやさんにお話を伺いました。

粟田あや(Aya Awata
兵庫県神戸市出身、広島大学卒業。ノエビア、ベンチャー・リンクを経て、’04年リクルートエージェント入社。キャリアスクールの企画・運営、採用、キャリアアドバイス等のキャリア支援分野での経験を積み、’08年5月に株式会社アイクリエイトを設立。教育、商品開発、PRなど、ブランディングにまつわるビジネス活動をコンサルティングから実働まで一貫サポートする。クライアントは個人事業主から上場企業まで幅広い。

※同社で活躍中のリモートワーカー・大原絵理香さんのインタビュー記事『リモートワークと会社員。社内外でスキルを磨く新しい働き方』もあわせてご覧ください。

続きを読む

温泉旅行+リモートワーク。和風旅館を仕事場にするススメ

リモートワーカーが旅先で仕事をする場合、ビジネスホテルなど、デスクがある宿泊施設を選ぶのが一般的です。仕事をしやすいデスクやインターネット環境があれば、不便な思いをせず仕事をすることができますからね。

しかし、今回おすすめしたいのは温泉旅館!

田舎だからモバイルWi-Fiが通じないのでは?

宿にインターネット環境があるのかも怪しい。

仕事ができるデスクがない。

そういった悩みは、少しの工夫&捉え方次第で「良さ」にも変わります。温泉旅館を仕事場にする良さと、ちょっとしたポイントについてお伝えします。

続きを読む

在宅仕事に飽きてしまったリモートワーカーへ。旅先で最高の息抜きをしながら働こう!

家で仕事をしているリモートワーカーにとって、息抜きの方法は永遠の課題とも言えます。しかし、1年中会社に出勤する必要がないため、「旅先で息抜きをしながら働く」というスタイルを選ぶことも可能。家の周辺にはなかった風景や美味しいものに囲まれていると、仕事も捗ること間違いなし! 今回は、リモートワーカーにおすすめしたい、よりリラックスできる旅先をご案内します。

続きを読む

旅をしながら働く。うつ病を乗り越えて見つけた、新たなワークスタイル

日本の最南端にある離島や異国のコワーキングスペース……なまけりーさんは世界各地を仕事場とし、情報発信をしているトラベルライターです。もともと外資系の銀行で正社員として働いていましたが、現在はワークスタイルを180℃変えて、場所にも人にも縛られない働き方を選んでいます。

波照間島から福岡のご自宅に帰ってきたばかりだと言うなまけりーさんに、スカイプでお仕事の話を伺うことができました。

なまけりー(namakerie)
1990年生まれ。福岡県在住。大学卒業後、東京の外資系銀行に約3年間勤務した後、激務によるうつ病を発症して退職。現在は海外・国内問わず旅をしながら情報発信をするトラベルライターとして活躍中。名前の由来は、大昔から変わらず、ありのままの姿で他の生物と共存している動物「なまけもの」と本名の「えり」との掛け合わせ。

続きを読む

旅先でも快適に仕事! リモートワーカーは全国のスタバを味方につけよ

旅行の荷造りをしている時、旅先でも仕事をすべきか悩むことはありませんか? 普段のようにフルタイムで仕事をせずとも、「もしかすると緊急のメールが来て、データを確認する必要があるかも……?」などとアレコレ考えた末に、旅行カバンにノートパソコンやモバイルWi-Fiを入れて出発するリモートワーカーが大多数だと思います。

旅先で仕事をする場合、ホテルの客室やラウンジ、リゾート地であれば風の気持ち良いビーチを仕事場にするのも素敵ですね。しかし、もっと効率良く、そして緊急時にもスマートに対応できるように事前にチェックしておくべきワークスポットがあります。それは、多くのリモートワーカーに愛されるカフェ・スターバックス。通称スタバです。

続きを読む

『ブログ飯』の著者・染谷昌利氏が語る! リモートワーカーが成功する秘訣とは

12年間の会社員生活を経て、独立した染谷昌利さん。元々は趣味だったブログ運営に専念したところ、とあるメディアのアクセス数が爆発的に伸び、一躍有名人に。その後、書籍の執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、イベント運営等、幅広く活躍されています。フリーランスのリモートワーカーとして数々の実績を残している染谷さんに、これまでのストーリーや成功の秘訣を語っていただきました。

染谷 昌利(Masatoshi Someya)
1975年生まれ、埼玉県出身。株式会社MASH 代表取締役。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、ブログメディア収益化の専門家として独立。行政機関のアドバイザー、企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

続きを読む

リモートワークの失敗談!? 田舎の大自然に夢を見過ぎるべからず

青い海が美しい南の島。鳥のさえずりが聞こえる森の中。大自然を満喫しながらパソコンを開いて仕事をしたいなぁ……と、リモートワーカーであれば誰しも一度はそんな理想を思い描いたこと、ありますよね?

都会のオフィスに通勤する必要のないリモートワーカーであれば、実際にそういった場所で仕事をすることも可能。しかし、夢の見過ぎには要注意。果たしてその大自然、仕事に向いてますか?

続きを読む

旅するリモートワーカーのホテル選び、ネット環境は絶対に重視すべき!

旅先でも自由に仕事ができるリモートワーカー。カバンにPCを詰め込んで行けば、旅行の隙間時間も有効活用できてしまうわけです。

しかし、いざホテルで仕事をしようとPCを開くと……ネットに繋がらない! というリモートワーク事故(?)に見舞われる危険性が。そうならないためにも、出発前に宿泊先のネット環境を入念にチェックしておきましょう。

続きを読む

子どもと一緒でも安心。リモートワークのママに優しいコワーキングスペース

東京都心の喧騒から離れた練馬区の住宅街。古民家を改装したコミュニティカフェ・楽多舎(らくだや)では、週に一度、予約制の「親子コワーキング」が開催されています。通常のコワーキングスペースは、リモートワーカーが自宅以外で集中して作業をしたいときに利用しますが、ここに集まっているのは小さなお子さんを持つママさんワーカーたち。温かみのある古民家の2階には、パソコンを持ち込んで作業できる環境が整えられています。さらに、ママたちが安心して作業に集中できるように、保育スタッフの方が常駐しているのです。

毎週火曜日、未就園のお子さんとママを対象に親子コワーキングを運営しているのは、ママワーカーで結成された団体・hahaco(ははこ)ワーキング。今回は楽多舎さんにお邪魔し、代表の高口陽子さん(写真中央)にお話を伺いました。

高口 陽子(Youko Kouguchi)/フリーライター
編集プロダクションで2年間、書籍、雑誌、コミックスなどの制作に携わったのち、2007年、フリーに転身。地域、子育て・教育、エンターテインメントという3分野をメインに活動中。ねりま子育てネットワーク会員、「ねりこそ@なび」運営メンバー。2013年6月、仲間と「hahacoワーキング」を立ち上げる。自身の育児経験と保育士の資格を活かし、働くママのサポートにも力を入れている。

続きを読む

by caster-biz