未来の働き方

働き方を自由に選べる社会を目指して「at Will Work」設立イベント

あちこちで「多様な働き方」が議論されています。しかし、それぞれの議論の成果を横断的に利用する機会はまだあまりないのが現状です。2016年8月23日、さまざまな団体・テーマを横断して総合的に働き方を考える「一般社団法人at Will Work」の設立イベントを見てきました。

一般社団法人at Will Workとは

IT活用、経済活性、地方創生、女性活躍、ダイバーシティ、組織のあり方、起業、グローバルなど、働き方を取り巻く様々なテーマごとに、さまざまな企業の「 働き方事例 」を共有、研究・体系化。
すでに取り組まれている既存団体・活動と協業し、それぞれのテーマを横串しで横断しながら、日本の今とこれからの働き方について考えるために設立された団体です。

続きを読む

世界一周しながらリモートワーク!7年越しで夢を叶えた「灯台もと暮らし」編集長・伊佐知美さんのワークスタイル

これからの暮らしを考えるWEBメディア「灯台もと暮らし」の編集長として、指揮を執る伊佐知美さん。彼女はこのメディアを運営する株式会社Waseiの社員であり、会社に籍を残し編集長の役職を担ったまま、今年4月、世界一周の旅をスタートさせました。

「世界を旅しながら、どうやって編集長の責務を果たすの?」「海外で問題なく仕事ができるの?」、この事実を聞いたとき、筆者の頭にはそんな疑問が湧きました。きっと同じ疑問を抱いた方も多いはず。そこで、伊佐さんご本人に現在のワークスタイルに至った経緯から、海外でのリモートワーク事情、今後の展望までを取材。「旅をしながらのワークスタイル」を模索している方、必見です!

伊佐 知美(Tomomi Isa)

脱サラの編集者・ライター。1986年生まれ、新潟県出身。『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰、ことりっぷWEB連載「伊佐知美の世界一周さんぽ」、「人生デザイン U-29(NHK)」出演など。2017年1月書籍『移住女子』を新潮社より出版予定。旅が好きすぎて2016年4月から世界一周へ。㈱Waseiに所属したままリモートワーク中。

続きを読む

学校の先生の新たな働き方。自宅で授業を行うリモートワーク教師

先日「企業&団体紹介」でご紹介したオンライン日本語補習校。代表の吉田さんのインタビューに続いて、講師である部田つぐみさんにもお話を伺うことができました。部田さんは、小学校に十数年間勤務された経験のあるベテランの先生です。ビデオチャットを使って、どのような授業を行っているのでしょうか。

 

部田 つぐみ(Heta Tsugumi)
島根県在住。教員として小学校に十数年間勤務。その後、体調を崩し教育現場から離れる。現在はオンライン日本語補習校にて国語と算数の授業を行っている。

続きを読む

国境を超えたオンラインの学校。未来を担う子どもたちが、日本語を忘れないために

海外に住む子どもたちが、ビデオチャットを利用して日本にいる講師の授業を受けることができるオンライン日本語補習校。経営者である吉田麻美さんは、アメリカで子育てをしながら補習校を築き上げました。今回、吉田さんが日本に帰国したタイミングでお話しを伺うことができました。

吉田 麻美(Yoshida Mami)
学芸員として都内アートギャラリーに10年間勤務。その後、アメリカ人の夫の転勤を機に渡米。2人の息子(現在小5と中2)の通う現地の日本語補習校でのママ友との出会いから、在住勤務するボーデイングスクールの仕事で得た人脈とノウハウを用い、オンライン上で英語と日本語の補習校を設立・運営する。

続きを読む

旅をしながら働く。うつ病を乗り越えて見つけた、新たなワークスタイル

日本の最南端にある離島や異国のコワーキングスペース……なまけりーさんは世界各地を仕事場とし、情報発信をしているトラベルライターです。もともと外資系の銀行で正社員として働いていましたが、現在はワークスタイルを180℃変えて、場所にも人にも縛られない働き方を選んでいます。

波照間島から福岡のご自宅に帰ってきたばかりだと言うなまけりーさんに、スカイプでお仕事の話を伺うことができました。

なまけりー(namakerie)
1990年生まれ。福岡県在住。大学卒業後、東京の外資系銀行に約3年間勤務した後、激務によるうつ病を発症して退職。現在は海外・国内問わず旅をしながら情報発信をするトラベルライターとして活躍中。名前の由来は、大昔から変わらず、ありのままの姿で他の生物と共存している動物「なまけもの」と本名の「えり」との掛け合わせ。

続きを読む

『ブログ飯』の著者・染谷昌利氏が語る! リモートワーカーが成功する秘訣とは

12年間の会社員生活を経て、独立した染谷昌利さん。元々は趣味だったブログ運営に専念したところ、とあるメディアのアクセス数が爆発的に伸び、一躍有名人に。その後、書籍の執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、イベント運営等、幅広く活躍されています。フリーランスのリモートワーカーとして数々の実績を残している染谷さんに、これまでのストーリーや成功の秘訣を語っていただきました。

染谷 昌利(Masatoshi Someya)
1975年生まれ、埼玉県出身。株式会社MASH 代表取締役。12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、ブログメディア収益化の専門家として独立。行政機関のアドバイザー、企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務も行う。

続きを読む

4足のわらじを履くフリーアナウンサー。あらゆるツールを駆使して働き方を開拓!

2つの一般社団法人の代表理事と事務局長をつとめ、本業はフリーアナウンサー。その華やかな肩書きとは裏腹に、いつもフットワーク軽く、中学1年生の母親業もこなす香月よう子さん。今までインタビューした人数はなんと1万人以上にのぼりますが、インタビュー以外でも人と直接会うことに労を惜みません。常に多くの案件を抱えながら、その時間を捻出するために不可欠なものは「Skype」と「SNS」と「スタバ」!? 4足のわらじを履き続けるための秘訣や「香月流リモートワーク術」を伺いました。

香月よう子(Yoko Katsuki)
フリーアナウンサー。番組パーソナリティーのほか、省庁主催のシンポジウムや話し方などの講演も行う。’02年NPO「きてきて先生プロジェクト」代表に就任、地域、企業、学校をつなぐ教育活動を展開。東京都生涯学習審議委員、中野区次世代育成審議会委員などを歴任。’15年3月、一般社団法人化に伴い代表理事に就任。また、同時に女性のキャリア形成支援を行う一般社団法人「美人化計画」に事務局長に就任。一児の母。ラジオNIKKEI『グローバルヘルスカフェ』出演中。

続きを読む

リモートワークの失敗談!? 田舎の大自然に夢を見過ぎるべからず

青い海が美しい南の島。鳥のさえずりが聞こえる森の中。大自然を満喫しながらパソコンを開いて仕事をしたいなぁ……と、リモートワーカーであれば誰しも一度はそんな理想を思い描いたこと、ありますよね?

都会のオフィスに通勤する必要のないリモートワーカーであれば、実際にそういった場所で仕事をすることも可能。しかし、夢の見過ぎには要注意。果たしてその大自然、仕事に向いてますか?

続きを読む

東京から船で25時間。愛する離島を仕事場に選んだリモートワーカー

東京都内のIT企業に勤務するまかにさんは、小笠原諸島を仕事の拠点に選んだリモートワーカー。インターネット環境とパソコンを使い、キュレーションメディアの編集をしています。東京から船で25時間離れた大自然の中の離島。コンビニもチェーン店もない土地で働くまかにさんのワークスタイルとは? 現地に足を運んでお会いすることは叶いませんでしたが、スカイプでお話を伺うことができました!

まかに(Makani)
1991年生まれ。神奈川県出身。5歳〜18歳までの13年間を小笠原諸島で過ごし、その後、関東地方の大学で社会学を学ぶ。大学卒業後は大阪府の採用コンサルティングの会社で営業を経験。2年間勤務した後、東京都のIT企業へ転職。webメディアの編集を担当し、2016年4月より小笠原諸島でリモートワークをスタートする。幼い頃からのニックネームである「まかに」とはハワイ語で“風”という意味。どんなところにいても、心の風通しを良くしたいというモットーから。

続きを読む

リモートワークで夢を実現! パートナーとオンラインショップで起業

オリジナルの和装髪飾りを販売するオンラインショップ「マリエフルリール」を立ち上げた谷口さん(写真左)と梅澤さん(写真右)は、元々、同じ大学に通う友人同士でした。現在はオフィスを持たずに、それぞれ東京と埼玉の自宅で作業をしながらショップを共同運営しています。リモートツールをうまく活用すれば「まったく距離を感じない」と語る二人に、リモートワークでオンラインショップを運営するメリットや、友人とビジネスパートナーとしてうまくやっていくコツをうかがいました。

続きを読む

by caster-biz