User's Voice

User's Voice

中小企業のご利用
2016.11.14

バックオフィスが守られているからこそクリエイティブな仕事に集中できる

セブンスエンターテイメント波多野 大様

2015年10月時点で世界230万ダウンロードを達成し、以降も快進撃を続けるスマートフォン向けRPG『TERRA BATTLE テラバトル』のゲームシナリオを担当し、初のスピンオフ小説『TERRA BATTLE 英雄失格』を出版したセブンスエンターテイメント代表の波多野大さん。


世界230万DLを達成したスマ―トフォン向けRPG『TERRA BATTLE テラバトル』のシナリオ制作現場


弊社は非常に小規模なゲーム会社です。僕ともうひとり役員がおりまして、ふたりでいろんな開発現場のお手伝いをしたり、中に開発を抱えていないので、中間をつなぐ業務などもやらせていただいています。そのため、バックオフィス業務のみに人的リソースを割けないことが課題となっていました。


執筆などは社内でもできますが、場合によっては、開発現場にお邪魔して制作にあたることもあり、どうしても僕らは社内にベタ付きでいることが難しかったのです。また、そもそも人を新しく雇い入れる余裕も作れず、経理周りや細々とした作業を誰かにお願いしたくても、なかなかできない状況が続いていました。


そうこうしているうちにいよいよ仕事がパンクしそうになり、以前Facebook広告で見かけたキャスタービズに連絡したところ、すぐに優秀なリモートワーカーに仕事を頼めるようになりました。さっそくいくつか仕事を依頼したところ、テンポ良く業務をこなしてくれたので安心できました。


請求書や進行スケジュール管理といったバックオフィス業務を一任、制作に集中できるようになった


キャスタービズには、僕らが制作に集中できるように、バックオフィスを守ってもらっているんですよ。経理周りでは、請求書などを作ってもらって、後はこちらから発送するだけの状態まで準備してもらっています。また、タスク管理ツール「Trello」に、シナリオ制作進行上のタスクや、打ち合わせの予定といったスケジュールをあらかじめ入力してもらい、毎朝アラートやリマインドのアクションを入れてもらうんです。とくに僕は、様々な案件を抱えて打ち合わせが続くと、いろんなことが頭から飛んでしまうタイプなので、そうならないように支えていただいています。



元々長い間フリーランスだったので、最初の頃はバックオフィス業務も全部自分でやっていました。でもそうしていると、本来集中すべきクリエイティブな部分や、質を上げるための思考が分散してしまうんですよね。


それが、キャスタービズにバックオフィスをお任せしたことで、ひとつひとつの作業に集中する時間が取れるようになりました。おかげで、仕事を並行して進めやすくなり、短時間で質の高いものをつくる環境整備が進んだと思います。


困りごとがあるとすぐ「キャスタービズにお願いしよう!」と思い浮かぶようになり、悩まなくなった


いずれは見積書なども含めて、こちらから仕様を伝えるだけで出来る業務はすべてキャスタービズにお任せしたいですね。また、たとえば僕が書いた企画書なども、校正をしてもらいながら、フラットな感想を伝えてもらえるようにできれば助かりますし、僕らがやっている事業についてさらに詳しくなってもらって、建設的なアドバイスや助言をいただけるようなることも期待しています。


ありがたいことにお仕事の話はいろいろと頂いていますし、ゆくゆくは自社のゲーム作品を作ってみたいという希望もありますので、今後会社としては、ゲーム業界で一緒に働いていけるスタッフを増やしていきたいと思っています。



しかしそれとは別に、キャスタービズには、今後も継続して仕事をお願いしたいですね。「困った、どうしよう?」という事態が起きた時に、まず一発目の答えとして「そうだ、キャスタービズにお願いしよう」と思い浮かぶようになり、悩む時間が減った付加価値は高いですから!



まずは、お問い合せください。

「こんなこともできるの?」「一度試してみたい!」どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

他のご利用事例User's Voice

中小企業のご利用