中小企業のご利用

完全リモートも気にならない!円滑に依頼ができるキャスタービズ

Crevo株式会社 経営企画部ゼネラルマネージャー
大久保様 / プロダクト部門責任者:中村様

完全リモートも気にならない!円滑に依頼ができるキャスタービズ

Crevo株式会社 経営企画部ゼネラルマネージャー
大久保様 / プロダクト部門責任者:中村様

動画制作領域で事業展開するCrevo株式会社(以下、Crevo)は、日本最大級の動画制作サービス「Crevo」と、動画クリエイティブ制作に関わるすべてを、より効率的で生産性の高いものへ変えていく動画制作プラットフォーム「Collet(コレット)」の2つのサービスを展開しています。

動画活用が益々加速する中、合理的な動画制作の仕組みを徹底することで、低コスト、短納期を実現するCrevoから目が離せません!

今回は、プロダクト部門責任者である中村様と経営企画部ゼネラルマネージャーの大久保様の2名にお話を伺いました。

人の採用はタイムラグが発生する、、じゃあキャスタービズ使ってみる?

大久保:キャスタービズに依頼しようと思ったきっかけは、業務効率を上げたいという想いからです。

中村:まず最初に、人事や総務周りの業務サポートを頼めないか相談しました。

この領域に関してもともと自社で採用を進めていましたが、内定から稼働までにタイムラグがあり、業務に支障が出てしまうので、バックオフィスのプロであるキャスタービズに依頼することに決めました。実際に業務を行ってもらうと問題なく業務が進んだので、依頼業務を拡張していきました。

経営企画部ゼネラルマネージャー:大久保様

粒度の大きいものやルーティン業務はキャスタービズにどんどん切り出し

中村:弊社は通常、社員同士がオフィスで直接会話をしているので、オンラインでの依頼だと「コミュニケーション不足になるのでは。。」という懸念がありました。

しかし、スケジュール調整などのルーティン業務はキャスタービズのアシスタントがうまくくみ取って調整してくれています。実際に社員がいる時と大きく変わらず、スケジュール調整ができています。オンラインでの会話も即レスで返答があるため、円滑なコミュニケーションができているのには驚いています。ありがたいことに、スケジュールや進捗などのリマインド関連などをプッシュしてくれるのでこちらとしても、非常に助かっています。

大久保:完全にオンライン化されているので、ルールを組みやすいですね。

特にオンライン・オフラインという意識はしてないです。確かに、口頭の方がテキストよりは通達する方法としては楽ではありますが、そこは許容範囲かなと思います。実際に課題に思っているところは、時間帯ですね。業務内容的にどうしても18時までとなると完全に切り離せないものもあるので。

実際社内で運用してみて、オペレーション化できるところは今後もキャスタービズにお願いしようと思っています。

プロダクト部門責任者:中村様

やりたいけどやれていなかったことに着手できる

大久保:キャスタービズのいいところは単純作業だけではなく、ある程度粒度の大きいタスクをこなしてくれるところです。今後はマーケティングサポートや、プロダクトリサーチなど、そういった業務もどんどん頼みたいですね。

中村:弊社のサービスも「業務効率化を図る」という部分については切っても切り離せない分野ではあるのでキャスタービズを活用しつつうまく効率化・運用していきたいです。

あなたに合ったアシスタントプランを、
無料で相談してみましょう。

電話でのご相談はこちらから 03-4405-7421

おすすめの他の事例

中小企業のご利用 2019.01.18
在庫管理から問合せ対応まで。ECサイトの運営はキャスタービズで一元管理
株式会社LiveArts オペレーション部・シニアプロデューサー 染谷洋平様
社内部署でのご利用 オンライン業務 2018.11.20
オープンイノベーションの時代。外部との連携が、新たな時代を乗り越えるカギに。
三井不動産株式会社 能登谷寛様
中小企業のご利用 オンライン業務 2018.11.13
キャスタービズで事業の推進力を強化するために取り組んでいる3つのこと
freee株式会社 木本俊光様
社内部署でのご利用 オンライン業務 2018.11.01
新規事業にはキャスタービズ!決め手はスピード感とクオリティ。
株式会社エス・エム・エス ヘルスケア事業部 中山様
中小企業のご利用 オンライン業務 2018.10.24
アウトソースすることで付加価値を上げる。── キャスタービズとともに取り組む社内改革
株式会社ICI石井スポーツ 経営企画室室長 兼 オムニ事業部 川村尚弘様
中小企業のご利用 オンライン業務 2018.10.19
キャスタービズで実現する「結果を出す」働き方
株式会社BOKURA 宍戸崇裕様