キャスターの人々

全社員リモートワーク×ホラクラシー型組織で活躍する人とは(石倉さん)

石倉 秀明@東京都民(COO)

キャスター流ホラクラシーとは

簡単にいうと、本来会社(経営)が持つべき権利を会社のみんなに分散することで持続可能性の高い組織を作ろうということです。なのでよく言われるホラクラシー=ボトムアップ、ではありません。要は、チームの中で「決められる人が決める」ということ。誰がどこを決めていいとか悪いとかありません。なので目の前の事項のサイズに関わらず、自然と決められる人が決める、というのが基本の考え方。

 

「決めて前に進めることを厭わない」
「変化する環境を楽しめるか」
「チームワーカーであること」

ホラクラシーという考え方自体が未成熟なのもあり、会社や組織のあり方すら変化をしています。その会社を「そんなもんだよね」と笑って過ごせる人であることは大事だと思います。少なくとも楽しもうとする姿勢はあってほしいなーと。

逆にいうと「こうじゃないといけない」「こういう仕事しかしたくない」みたいに固執する人は向きません。

 

続きは下記をご覧下さい。
https://www.wantedly.com/companies/cast-er/post_articles/85229

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワーケーション(地方創生)特集

新しい働き方(女性活躍推進)特集

キャスター社員の声特集

最近の記事

  1. リモートワーク人材企業「キャスター」で身に着けられる、「エン…
  2. 相手を信頼するプロセスはオンラインでも一緒?(石原さん)
  3. 【宮崎県西都市】宮崎のWebメディア「ザキミヤ」さんに、キャ…
  4. 【キャスター座談会】リモートワーク企業ならではの「顔が見えな…
  5. 実は40代も多い、キャスターのキャスト(オンラインアシスタン…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP