キャスターの人々

リモートワークだから情報量が少ないというのはウソ(村田さん)

Ryo Murata@東京都民(CMO)
 
(写真は、フルリモートワーク人材企業キャスターで、唯一のオフライン社員の「ロン」です。)

めちゃめちゃチャットする

キャスターは全社員がリモートで働いています。

そこでよく聞かれるのが「コミュニケーションが取りづらくないですか?」「情報量が少なくなりませんか?」ということ。

リモートワーク→コミュニケーションが少なくなる→情報量が減る。
こう考えてる人が少なくないように思える。

ただ、キャスターでリモートで業務を行って約1年半。情報量が減ったとは感じていない。

むしろ、前職時代オフィスに行って仕事をしていた時よりも情報量は格段に増えている。

 

続きは下記をご覧下さい。
https://www.wantedly.com/companies/cast-er/post_articles/105548

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. キャスターの人々

    実は40代も多い、キャスターのキャスト(オンラインアシスタント)たちの日常風景

    赤出美衣(あかで・みい)@東京都民国内34都道府県、海外16か…

ワーケーション(地方創生)特集

新しい働き方(女性活躍推進)特集

キャスター社員の声特集

最近の記事

  1. エンジニアチーム全員がフルリモートで働く際に役立つ便利ツール…
  2. キャスター×ジーズアカデミー×T-KIDS、リモートワークの…
  3. 小学生でもリモートでやっていける?(石原さん)
  4. 「リモートワークを当たり前にする」という文化を作ること(森岡…
  5. リモートワークだから情報量が少ないというのはウソ(村田さん)…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP