キャスターの人々

小学生でもリモートでやっていける?(石原さん)

Aguri Ishihara@福岡県民
 

発信が苦手だとコミュニケーションが成立しない

写真は暖かい時期に行った、しまなみ海道のとある島です。
一面イタリアから持ってきた大理石で、異国の空間が日本らしい島の風景と不思議にマッチしていて素敵ですよね。

さて、最近小学生のクラスにお邪魔する機会があり、こんな話を聞きました。

「最近の子ども達は、単語や表情だけでも伝わるので、文でしゃべらない」
「長い文でしゃべらない、つまり意見を自分の言葉で相手につたえない」

仲の良い4-5人で行動し、話す大人は先生か親だけ、といったように「自分の世界の外側」と接触する機会が少ないことで、多くを説明しなくても察してもらえ、結果的に文を作って相手に発信することが苦手になっているということらしいです。

 

続きは下記をご覧下さい。
https://www.wantedly.com/companies/cast-er/post_articles/106955

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. キャスターの人々

    「意識が高過ぎる」という病(中川さん)

    中川 祥太@神奈川県民(CEO)創業して早2年…

  2. キャスターの人々

    働く意味(中川さん)

    中川 祥太@神奈川県民(CEO)桜の咲く季節で…

  3. キャスターの人々

    キャスターに強い開発チームが欠かせない最大の理由(福田さん)

    福田 敦史@埼玉県民(CTO:最高技術責任者)2050年において人…

ワーケーション(地方創生)特集

新しい働き方(女性活躍推進)特集

キャスター社員の声特集

最近の記事

  1. エンジニアチーム全員がフルリモートで働く際に役立つ便利ツール…
  2. キャスター×ジーズアカデミー×T-KIDS、リモートワークの…
  3. 小学生でもリモートでやっていける?(石原さん)
  4. 「リモートワークを当たり前にする」という文化を作ること(森岡…
  5. リモートワークだから情報量が少ないというのはウソ(村田さん)…

アーカイブ

Facebook

PAGE TOP